無料の会計ソフトはクラウド方式が多数

最近の経済状況をみていると起業ブームが落ち着いたように感じますが、企業勤めをしながら起業をする人はまだまだ多くいます。個人事業主であっても法人を立ち上げるにしても確定申告は必要になるので、日々の仕事での入出金などの記録は必要になります。どのような体制であっても会計ソフトは必要になるのです。少し前まではパソコンにインストールをしてユーザー登録をする会計ソフトが主流でした。

ソフトによっては毎年更新が必要となり更新のために出費が必要ということもあったのです。会計ソフトは更新料を含めて選ぶ必要がありました。それがクラウド方式の登場により一定の制限があるものの無料で使用が可能という会計ソフトが出るようになったのです。無料の会計ソフトはパソコンにインストールすることなくインターネットに接続するときのブラウザで使用するものが主流です。

ログインして、保存できるデータに制限がある、あるいは登録できる取引に上限が設けられているなどの制約があるにもかかわらず、ユーザーを増やしています。無料ではないが少ない費用で制限をなくす方法などもあり、選択はユーザーに委ねられています。ブラウザ方式の特徴である、インターネットに接続さえしていれば「使用しているOSを選ばない」や「使用している端末を選ばない=パソコンからもスマートフォンからも接続できる」などを活かしているものが多数を占めます。有料会員向けに「経営相談」や「協業」など特色などを出していかなければ無料会員を集めることもできなくなりつつあるようです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.