最新の無料会計ソフトについて

最近では新しいパソコンのOSに対応した最新版の無料会計ソフトが多く出版されています。Windowsの更新やMacOSのバージョンアップにより、これまで使用していた会計ソフトが非対応になってしまう状況が多発し、バージョン対応処置を待つユーザーも少なくないです。しかし、新OSで安定した無料会計ソフトを新たにリリースするメーカーが徐々に増えてきたことで、以前まで使用していたソフトから新しい無料会計ソフトに乗り換えるユーザーも増えています。新しいフリー会計ソフトは、数年ほど前から有料版よりもクラウドに対応した無料版の方が総合的に優れるメリットの多さから、フリー版に乗り換えるユーザーが急増しましたが、これにより新しいフリー版ソフトは、あえてクラウドサービスを利用する場合に限り、課金させる形式にしたメーカーが多くなっています。

これまで以上に処理動作が速く、データの入力内容の繁栄も瞬時に完了可能になっています。インストールから利用まで、料金が発生しないところが魅力の1つでしたが、パソコンの各OSに対応した世代のソフトは、コストが発生する可能性があります。もちろん、以前までの有料版よりは遥かに安上がりな料金で済みますが、新OSに対応した状態のパソコンでフリー版だと思っていたソフトが突然に課金が発生するとなると驚いてしまうので、無料版のまま継続して使用していたい場合はパソコン側のOSアップデートはしばらく様子を見てからの方が良いです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.