遠赤外線ヒーターの発熱体の仕組みと暖房効果

遠赤外線ヒーターは、太陽光にも含まれている遠赤外線で身体の芯からあたためてくれる人気の暖房機器であり、燃料を燃焼させることなく電気だけであたためるクリーンな暖房機器です。

遠赤外線ヒーターには、ハロゲンやカーボン、グラファイトなど複数の発熱体がありますが、現在ではカーボンヒーターが遠赤外線ヒーターの主流となったいます。カーボンヒーターは、不活性ガスを充填した石英ガラス管にニクロム線ではなくカーボン繊維を組み合わせた発熱体を使用している暖房機器であり、ハロゲンヒーターの約2倍の遠赤外線を放出することができます。ハロゲンヒーターは、遠赤外線の放出量に対して近赤外線の放出量比が高いとされ、カーボンヒーターは遠赤外線の放出量に対して中赤外線の放出量比が高く暖房効果の高い暖房機器です。

カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターに比べて遠赤外線の放出量は多いとされていますが、シーズヒーターの方がさらに遠赤外線の放出量が多いとされています。シーズヒーターは、金属管内にコイル状の発熱線を酸化マグネシウムなどの無機絶縁体で封入した発熱体を使用している遠赤外線ヒーターであり、石英ガラス管を使用しているハロゲンヒーターやカーボンヒーターに比べて耐衝撃性に優れています。シーズヒーターは、発熱線を覆う金属管の表面をコーティングを施すことによって遠赤外線の放射量を増加させていますが、金属管かつコーティングが施されているので水廻りで使用しても安全性が高い暖房機器です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *