遠赤外線ヒーターの特徴について

遠赤外線ヒーターと呼ばれるタイプの暖房器具があります。

他の暖房器具と比較してどのような特徴を持っているのでしょうか。これは、機器から遠赤外線という電磁波、分かりやすく言うと目には見えないけれども光の一種を放射し、その光が当たった対象物を直接暖めるタイプの暖房器具です。光は直進し、間に家具などの障害物があるとその先には届きませんから、設置した遠赤外線ヒーターの影の部分にいると暖かさを感じません。一方で、ガスや石油などを燃焼させるとか、同じ電気式でもまず空気を暖め、暖められた空気を機器から室内に放出して暖房するタイプの器具とはかなり性質が異なります。暖められた空気を室内に放出するタイプの暖房器具は、スイッチを入れてから暖かさを感じるまでにどうしてもかなりの時間がかかります。

器具の目の前にいれば1分以内に暖かさを感じられるかもしれませんが、多少離れた位置にいると数分程度はかかるでしょう。暖められた空気が部屋を循環し、自分がいる場所まで到達するにはある程度の時間がかかるからです。これに対して遠赤外線ヒーターの場合は、暖められた空気を放出する訳ではありません。確かに器具の至近距離では空気も暖かく感じるでしょうがそれがメインではなく、あくまでも遠赤外線という光を放射し、その光を受けた対象物が直接暖まるのです。そのため、光を受ける位置にいさえすれば、多少離れていようともスイッチを入れた直後から暖かさを感じることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *