遠赤外線ヒーターの賢い選び方

気温が下がり部屋の空気が冷えてくると、すぐに暖かくなる暖房器具が欲しくなります。

そんな暖房器具のなかでも遠赤外線ヒーターは速暖性に優れているうえ、空気を乾燥させ難いといわれています。では遠赤外線ヒーターはどれでも同じなのかというと、いくつかの種類によって電気代や暖まり方などに違いがあるので注意が必要です。選び方としては、第一にランニングコストを考えて購入するのが懸命でしょう。消費電力はそれぞれの機種によって250ワットから1200ワットまであり、消費電力が大きい場合電気代も高くなるということです。

家にいる時間が長く暖房もずっとつけっ放しにしておくならば、消費電力が小さなものから大きなものへとこまかく調節できるものがおすすめです。また遠赤外線ヒーターを購入する場合、選び方としてはサイズが重要となります。遠赤外線ヒーターは暖まる範囲が限定されるので、広いリビングやキッチンなどを暖かくするなら大きなサイズが必要となるでしょう。ただしサイズが大きいものは持ち運びが不便で、使わない期間の収納場所も考えておかなくてはなりません。

一方で小さな空間のトイレや脱衣所などは小さな機種で十分暖かさを得られるので、使い方を選ぶ必要もあるかもしれません。さらに安全面でも注意をするべきで、安価なヒーターは熱源に触れ易くなっていることがあるので火傷や服を焦がすなどの問題がないか確認してください。パネルタイプの遠赤外線ヒーターであれば、子供や高齢者にも安全なタイプといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *