石油ストーブと遠赤外線ヒーターはどちらがおすすめか

暖房器具を自宅に導入するときに、部屋があまり広くないのであれば石油ストーブや遠赤外線ヒーターが選択肢となり得ます。

このとき、賃貸住宅で管理者側からどちらかの使用が禁止されているようなケースであればほとんど迷うことはないでしょうが、どちらを使っても特に問題がない場合はどれを選ぶかは悩みどころです。石油ストーブがおすすめなケースはできるだけ部屋全体を暖めたい場合、暖房代をできるだけ節約したい場合、換気や給油などの作業を苦にしない場合です。

置き場所を移動させられるタイプの石油ストーブは、タンクの灯油が少なくなってくると自分で給油をしなければならず、保管するポリタンクの中にある灯油が少なくなったら灯油屋に入れに来てもらう必要があります。また、FF式ではない石油ストーブだと定期的に換気を行わなければなりません。これが面倒なのであれば、遠赤外線ヒーターをはじめとした他の暖房器具を選んだほうが良いでしょう。

一方、遠赤外線ヒーターがおすすめなケースは、普段自分の居る場所とその周りだけが暖まれば十分な場合、身体をしっかりと暖めたい場合、部屋の空気をあまり汚したくない場合です。遠赤外線ヒーターは、パワーは石油ストーブには劣りますが、コンセントに電源プラグを接続し、運転を開始してしばらく待つだけで暖をとることができます。また、遠赤外線の暖まり方は石油のそれとは異なり、身体の芯からあたためることができるもので、足の裏や背中からあたたまりたい場合は特に便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *