遠赤外線ヒーターは環境にやさしいか

化石エネルギーによる地球温暖化は、世界的に大きな問題となっています。

これまで様々なエネルギーを生み出すものとして広く利用されてきた化石エネルギーですが、近年ではそのために排出される二酸化炭素が地球環境を破壊し、近年の温暖化を生み出していると大きな話題となっているのです。これは企業だけでなく、一般家庭でも様々な議論となることが多い問題です。その中で、冬の暖房に関して考えてみた場合、石油による暖房器具が二酸化炭素を生み出していると考え、これを他の暖房器具に切り替えると言う人も増えていると言う話があります。

その中でも遠赤外線ヒーターはその場で燃料を燃焼させないため、二酸化炭素の発生がなく、地球環境に優しいと言う意見もあるのです。ただしこの際には、その遠赤外線ヒーターを起動するエネルギーをどのようにして生み出したかが大きなポイントになります。その場では遠赤外線ヒーターを利用していても、これを起動するための電気エネルギーを火力発電などで行っていたのでは本末転倒と言う結果に至ります。

昨今では太陽光発電を利用した電気エネルギーの生産方法も話題を集めていますが、この太陽光発電による電力を利用した遠赤外線ヒーターの利用は、化石エネルギーを利用せず二酸化炭素を発生させていないと言う意味で有意義に解釈できるものとなるのです。エネルギー問題を考える際には目先のことだけではなく、その全体像をしっかりとつかまえた上で、総合的に考えることが重要なポイントとなっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *