遠赤外線ヒーターの活用法

遠赤外線ヒーターとは、熱源に遠赤外線を用いている器具のことです。

遠赤外線ヒーターは、従来の赤外線ヒーターやハロゲンヒーターなどの電気ストーブに使われるものと比べて熱効率が良く身体の内側まで暖めてくれます。ただし、仕組みとしては自らが熱源となるのではなく、放射される遠赤外線が物体に当たることで発熱するというものであり、部屋全体を温めるという点においては、エアコンや石油暖房器具と比べると効率的なものではありません。

しかし、その遠赤外線に当たることで、身体の芯まで温まることができますし、空気が汚れず乾燥させませんし、どこでも使えるほか、音も殆ど発生しません。遠赤外線ヒーターは、部屋の空気を暖めることはできませんから、上手く活用することが大事です。使い分けとしては、スポットヒーターとして用いることで、例えば台所での立ち仕事や脱衣場のでのヒートショック対策として使うといったことなどがあります。

また部屋を暖めるのには不向きですが、工夫することで温度を上げることもできるものです。遠赤外線が当たった場所が発熱するため、壁や天井・床などに当たるようにすればその部分が熱くなることで温度をあげます。ただし窓ガラスなどは通してしまうので効果はありませんから、窓には当てないようにするか、カーテンをするなどの工夫をする必要があります。また床もカーペットなど敷き詰めることによって、熱を逃さず効率を高めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *