遠赤外線ヒーターの種類と選び方

遠赤外線ヒーターは風で暖める暖房器具と違い、遠赤外線の効果で体の中からあたためてくれるのであたたかさが持続しやすいなどの効果があります。

さらに風を出さないので空気の乾燥なども防げます。遠赤外線ヒーターにはいろいろな種類があり、暖め方の違いや消費電力などそれぞれ異なってきます。ハロゲンヒーターはスイッチを付けてから数秒で暖まるが特徴です。しかしその分消費電力も少し多くなってしまうので、短時間でしっかり暖まりたいときに使用するのがおススメです。またハロゲンヒーターと似た特徴をもつカーボンヒーターは遠赤外線の放出量がハロゲンヒーターの約2倍あるので、さらに速く暖まることができます。

次に遠赤外線の放出量が多いシーズヒーターです。暖める速さはハロゲンヒーターなどに劣るものの、遠赤外線の放出量はその他のヒーターより多いため、暖かさをしっかりと感じやすいのが特徴です。さらに熱源の構造上、丈夫にできていて壊れにくい作りになっています。最後は消費電力が抑えられるパネルヒーターです。パネルヒーターは他のヒーターに比べて暖まるまでの時間が長くかかってしまいます。

しかし暖まってからはその熱を逃がしにくい構造になっていて、一度暖まれば少ない消費電力で暖め続けることができます。暖められる範囲はあまり広くないので足元など、部分的に長時間使用する時などがおススメです。このように遠赤外線ヒーターは種類によってそれぞれの特徴があるので、設置場所や使用時間など環境に合わせて最適なものを選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *