輻射の原理を応用した遠赤外線ヒーターとは

ハロゲン化物を含むフィラメントの両端の電極に電圧をかけて電流を流すと、そこから電磁波が出ます。

発生する電磁波の周波数帯域は赤外線から遠赤外線であるので、対象物に当たるとそこが加熱されます。この現象を応用して製品化したのが遠赤外線ヒーターであります。フィラメントはさまざまな形に加工ができ、電球状に加工することや棒状にして暖房器具や加熱機器として商品化がされて販売されています。

その特徴は、入力した電力の約85パーセントが赤外線帯域の電磁波に変換できることと、スイッチを入れればすぐに赤外線が発生して発熱ができることです。またスイッチを切るとすぐに電磁波の発生が止まることも特徴であります。遠赤外線ヒーターは、部屋の暖房に最も適した方式のひとつです。熱の伝わり方は対流と伝導と輻射の3種類があり、対流と伝導では熱源からの熱が伝わりながら加温されますが、輻射では遠赤外線が対象物に照射されてそこが熱を帯びる現象です。

このようなことから部屋に遠赤外線ヒーターを設置すると、部屋にいる人だけでなく床や壁や天井に電磁波が広がって照射され、部屋全体を均一に暖めることが可能です。他の局所暖房に多く見られるような顔のみが熱いのに足元は寒いままであることや、温風でのどや肌が極端に乾燥してしまうことがありません。燃焼ではないため部屋の空気が汚れず、気になるにおいや二酸化炭素が発生しません。冬場は室内が乾燥しやすいため、温風で部屋のホコリが舞い上がることもなく喘息やアレルギーを持っている人も安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *