遠赤外線ヒーターの気になる電気代

寒い時期に頼りになるのが暖房器具ですが、近年人気なのが遠赤外線ヒーターです。

代表的なので言うと昔に一時的にブームになった、あの眩しい光で有名なハロゲンヒーターも、この分類に入る製品として有名で、他にはカーボンヒーターなどの種類があります。遠赤外線ヒーターの特徴としては、電源を入れてあっという間に暖かさを感じさせる程の即暖性が挙げられ、冬場の寒い朝などに、すぐ暖めたいという際には大きな力を発揮する事が出来ます。また灯油ストーブなどとは違い、空気が汚れないため換気の必要もなく静かな静穏性も大きな魅力とされています。

しかし、一般的に遠赤外線ヒーターは部屋全体などを暖めるのは不向きで局所的な利用に適し、総じて消費電力が高いという特徴もあるため、どうしても電気代はそれなりにかかってしまうのが難点でもあります。大抵のヒーターでは、弱と強といった温度調整が出来るはずなので、弱で使用すればある程度消費電力を抑える事で電気代も抑える事はできますが、それを踏まえても他の暖房器具よりはどうしても電気代は割高になってしまいます。

そのため、これらの暖房を利用する場合は常時使用というよりも、他のストーブやエアコンなどの暖房と併用する事で電気代を抑えるのが有効な方法です。すぐ暖まる、即暖性の早さを活かして最初に使っておき、身体をある程度暖めたら他の暖房器具で部屋全体を暖めるなどと使い分ける事で、それぞれの長所を活かしつつ、電気代の節約にも繋げる事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *