遠赤外線ヒーターの電気代の傾向

遠赤外線ヒーターというものは、電気を使って使用するものです。

つまり、電気代が生じることになりますがそれ以外のメリットを取り上げるならば、ヒーターとしての特徴になります。遠赤外線で体を心から温めてくれるので、エアコンのように空気を通してあたたまる場合よりも、ピンポイントで体を温めることに適しています。エアコンの場合は空気を温めることにより、部屋の中が乾燥しやすくなるというデメリットを持っていますが、遠赤外線の場合はそうではないので、乾燥しやすい方などにおすすめすることができます。

ただし、部屋を温めることは得意ではありません。部屋をできるだけ遠赤外線ヒーターで温めたい場合には狭い部屋の中で使用することがおすすめです。エアコンを使用する場合には、部屋が温まるまでに消費電力が多くなります。しかし、それ以降は消費電力が少なく一定になるので、長時間の使用を考えている場合には、最適です。

それに対して、遠赤外線ヒーターは電源を入れてからの消費電力はエアコンよりは少ないことが特徴です。しかし、長時間使用をするとエアコンの場合の部屋が温まった状態以降の少ない消費電力よりは高くなるので、短時間使用に向いています。遠赤外線ヒーターを使う場合には、すぐに温まりたい方や何度もスイッチを入れたり消したりする方に最適です。例えば、体が熱くなってきたら電源を消してまた寒くなってきたら電源を入れるなどのシチュエーションが考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *