遠赤外線ヒーターの大きなメリット

手軽に持ち運ぶことができるサイズで、シーズンオフにはしまっておくことができる遠赤外線ヒーターは、灯油などを使わず電気で暖を取ることができるため、手軽な暖房器具として大変人気があります。

電気屋さんや大型スーパーマーケットなどで、秋から冬にかけてずらっと遠赤外線ヒーターが並んでいるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。遠赤外線ヒータは、赤外線が体の表面をあたため徐々に体の芯まで温度が伝わるため、体の芯まであたたまりぽかぽかとした心地よさを得ることができるところが大きなメリットです。

スイッチを入れるとすぐにあたたかみを感じ、あたっている間中ずっと体をあたためることができるため、部屋全体の暖房には向いていないのですが、冷えてしまった部屋があたたまるまでの暖を取ったり、寒い場所での足元暖房などに向いています。コンセントがあればどこにでも持ち運ぶことができ、換気の必要がないことも大きなメリットです。

自宅の部屋だけでなく、物置での作業や寒い店内や事務所、倉庫などどこでも使うことができて体を効率よくあたためることができるので、店舗などでも店員さんが使っているのを見たことがある人も多いと思います。ファンやモーターなどが無いため、音が静かなこともメリットのひとつです。あまり知られていないのですが、エアコン、灯油ヒーターなど空気をあたためるタイプの暖房とは異なり、遠赤外線ヒーターは遠赤外線を利用して体を直接あたためてくれるので空気が乾燥しません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *