遠赤外線ヒーターにも色々な種類がある

ヒーターは多くの種類が存在するため、用途に合わせて選ぶ必要があります。

遠赤外線ヒーターは、発熱体が赤外線や遠赤外線などを放出するタイプのヒーターで、灯油などの燃料を使わず電気で動くことから電気ヒーターとも呼ばれています。ハロゲンやカーボンなど、設置されている発熱体によって、暖かさや電気代などが異なるのが特徴です。遠赤外線ヒーターのメリットは即暖性に優れることで、キッチンや洗面所などで短時間使用するのに最適です。空気を汚さず、コンパクトで軽量なことから移動させて使うのにも向いています。

ただし、部屋全体を暖めるヒーターではないため、補助的に使われることが多い種類です。発熱体にハロゲンを用いるハロゲンヒーターは、本体が小型で限られたスペースにも設置することが可能です。価格もリーズナブルですが、近年では熱効率の良いカーボンヒーターに主流の座を明け渡しています。カーボンヒーターはカーボンを発熱体とする遠赤外線ヒーターで、遠赤外線量の多さから、身体をしっかり暖めることができます。

電気代はハロゲンヒーターよりかかりますが、即暖性の高さからすぐに身体が暖まり、運転時間を短く済ませることでデメリットをカバーすることが可能です。カーボンヒーターの上位機種とされるのが、グラファイト(黒鉛)を発熱体にしたグラファイトヒーターです。本体の価格はカーボンヒーターより高めですが、より立ち上がりが早いことや、遠赤外線量が多さや消費電力の低さから人気が高まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *